作成者別アーカイブ: aqua

水まわりの事故

コラム

賃貸住宅にお住まいの方が加入している火災保険(家財保険)で事故と言えば火事を連想される方が多いかと思いますが、
実際に多く発生しているのは「水」による事故です。


水は火傷もケガもないためあまり恐怖を感じませんが、一たび漏水となると、階下に、さらにその階下へと、静かに水が流れていき、気が付いたら、
加害者として多額の賠償金を請求される事故に発展することがあります。
この時役に立つのが火災保険にセットされている個人賠償責任保険です。

今回は、「水」による事故を〔場所〕や〔原因〕別に分類し、その対策をご紹介します。

1.台所

(1) 排水口を食器等が塞ぐ
気づかないうちに皿などが排水口をピッタリ塞いでしまい、さらに蛇口をしっかり締めないで放置した場合、水がどんどん溢れて階下に漏水となってしまう場合があります。
(2) 排水管を油等が塞ぐ
天ぷら油などを直接、排水管に流す方はあまりいないと思いますが、プライパンや皿に残った油、マヨネーズをそのまま洗剤で洗い流す方はたくさんいます。この場合、排水管に少量ですが油が残る場合があります。これがほぼ毎日となりますと、次第に固く変質し、やがて排水管を塞ぐことになります。
【対策】
・シンクに物を溜めまいこと。
・フライパンや皿の油は紙で拭いてから洗う。
・月に一度は市販の専用クリーナーで排水管をきれいにする。
ただし、素人が専用器具を挿入して排水管内部の清掃をするのはかえって危険なので、
特殊な洗浄等は専門業者に任せる。

2.トイレ

(1) トイレットペーパーが詰まる
トイレットペーパーは水に溶けるように作られているのですが、一度に大量に流すと排水管を塞ぐ可能性が高まります。
(2) トイレ掃除を怠る
尿は放置すると尿石という石のような物質に変質し、排水を妨げることにつながります。
(3) 異物を流す
おむつ類、化粧品等の紙箱、ネコのトイレ砂などをうっかり流してしまう方がいらっしゃいます。
【対策】
・一度に大量に流すのは危険なので、複数回に分けて流す。
・マメに掃除をする。
・トイレに流していいのは排泄物と少量のトイレットペーパーだけと、小さな子供にも教える。

3.風呂、洗面所

(1) 髪の毛や汚れが排水口、排水管を塞ぐ
人体から発生する脂や汚れが堆積するとそこに雑菌が発生し、ぬめりが生じます。
風呂場のゴミに髪の毛はつきものなのですがさらに悪いことに、長い髪の毛はこのぬめりに絡まりやすく、排水口や排水管を塞いでしまいます。
(2) 衣類などのつけ置き洗い
洗面ボウルでブラウスなどの衣類をつけ置き洗いをした際に、蛇口をしっかり締めないことで漏水事故となってしまう場合があります。
【対策】
・風呂の排水口には必ず専用ネットをつけ、髪の毛やゴミの排水管流入を防ぐ。
・排水管も月に一度は市販の専用クリーナーで掃除する。

【総合的な対策】
・「その場」を離れる際は、水を確実に止めましょう。
・災害防止の観点からも「水回りの掃除」を心がけましょう。

住宅の火災警報器について

事故の防止策

万が一の火災事故に備え、一般の住宅にも火災警報器を備え付ける方が多くなりました。
また、延べ面積が500㎡以上の共同住宅は自動火災報知設備の設置が義務付けられています。
一方延べ面積が500㎡未満の場合で自動火災報知設備等が設置されていない場合は、住宅用防災機器(住宅における火災の予防に資する機械器具又は設備であって政令で定める)の設置が義務付けられています。

警報機の設置は、消防法にて次のように定められています。

第九条の二 住宅の用途に供される防火対象物(その一部が住宅の用途以外の用途に供される防火対象物にあっては、住宅の用途以外の用途に供される部分を除く。以下この条において「住宅」という。)の関係者は、次項の規定による住宅用防災機器(住宅における火災の予防に資する機械器具又は設備であって政令で定めるものをいう。以下この条において同じ。)の設置及び維持に関する基準に従って、住宅用防災機器を設置し、及び維持しなければならない。
② 住宅用防災機器の設置及び維持に関する基準その他住宅における火災の予防のために必要な事項は、政令で定める基準に従い市町村条例で定める。

個人の住宅について

マンションやアパート等の共同住宅については、それぞれ個人の住宅部分のみが対象となります。
〔1〕設置しなければならない場所
ご自宅で、寝室に使用している部屋に設置が必要です。
自治体によっては台所も設置しなければならない場所としているところもあります。
お住まいの自治体のホームページで、ご確認されることをおすすめします。
〔2〕設置しなくてよい場所
(1)住宅内の各部屋や廊下などの天井部分に、スプリンクラー設備のヘッドか自動火災報知設備の感知器等が設置されていれば、住宅用火災警報器の設置の必要はありません。
(2)共用部分(階段、廊下、エレベーターホール、機械室、管理事務所など)については、住宅用火災警報器の設置の必要はありません。

住宅用火災警報器の設置効果(総務省消防庁ホームページより)

平成29年から令和元年までの3年間における失火を原因とした住宅火災について、火災報告を基に住宅用火災警報器の設置効果を分析
(1)住宅火災100件当たりの死者数 0.48倍
設置無 11人  設置有 5.3人
(2)焼損床面積 0.49倍
設置無 63.4㎡  設置有 30.9㎡
(3)損害額 0.61倍
設置無 3,240千円  設置有 1,962千円
(4)住宅用火災警報器のお手入れについて
住宅用火災警報器がきちんと作動するか確認するために、住宅用火災警報器本体から下がっている引きひもを引く、あるいはボタンを押すなどにより、最低限、1年に1回は、作動点検をしましょう。
点検方法は、住宅用火災警報器の取扱説明書を確認してください
住宅用火災警報器は、適切に維持管理を行っていても、およそ10年を目処に取り替えが必要です。設置後10年を目安に、警報器を交換しましょう。

事故防止(火災編)

コラム

これまで掲載した記事のうち、事故防止につながる記事を集めてみました。万が一に備えて、一読していただければ幸いです。

電気ストーブの火災、石油ストーブの火災、各ストーブのデメリット

冬場のベランダに置いたペットボトルからの火災

ホットカーペット(電気カーペット)、こたつで火災

IHコンロ(電磁調理器)火災にご用心

アロマキャンドル原因の火災にご用心

リチウムイオン電池による火災/爆発にご注意を

スプレー缶による火災、爆発

 

マンションの高層階のベランダで不審火

コラム

マンションの高層階のベランダの網戸が焦げているというご相談がありました。
ご契約者様は喫煙をしないとのことですが、ベランダには確かにタバコの吸い殻が落ちていたそうです。このマンションでは別の住人にも同様な事件が最近発生しており管理会社にも相談されていたようですが、
どうやら上階の住人がベランダでタバコをすった後、火のついたタバコを捨てているのではないかと推測されるとのことです。
住人には掲示などにより注意喚起をしているようですが、このようなことが続くと万が一の場合には大惨事につながる可能性も否定できません。

ベランダでの喫煙のよくあるトラブル

・ 洗濯物にニオイが付着する
・ 24時間換気によって室内に煙やニオイが入ってくる
・ 窓から煙やニオイが入ってくる
・ 落ちた吸い殻による万一の火災の危険性

ベランダでタバコを吸ってもよいか

実は、ベランダでタバコを吸ってもよいかどうかは、マンションの管理規約や使用規則によって決められています。
マンションのベランダは「共用部分」とされています。
共用部分は、個人の部屋とは違い、廊下やエントランスのように居住者みんなで使うエリアという認識です。
そのため、管理規約などに「共用部分での火気厳禁や喫煙禁止」のように明記されている場合は、ベランダでの喫煙は禁止となります。
賃貸物件の場合は、賃貸借契約書や入居のしおり等に禁止事項として記載されていることが多いです。

ベランダ喫煙をめぐる裁判

マンションのベランダで喫煙する問題を考えるにあたり、よく取り上げられるのが2012年12月13日に名古屋地方裁判所で下された判決です。
マンションの下の部屋に住む住人がベランダで喫煙を続け、上の階の住人が受動喫煙による体調悪化を理由に訴訟を提起。
再三の注意を受けたにも関わらずベランダでの喫煙を続けた経緯なども考慮され、不法行為として認められました。

一方で集合住宅に住む特殊性から「原告も煙の流入についてある程度は受忍すべきだ」という意見もあります。

喫煙者の取るべき解決策

一般的な紙巻タバコから、加熱式タバコや電子タバコといった「次世代タバコ」に切り替える方法があります。
いずれも煙の代わりに水蒸気を吸い込むタイプで、ニオイや有害物質の発生を軽減できると言われています。
受動喫煙による影響がゼロになる訳ではありませんが、状況を改善できるでしょう。
合わせて、空気清浄機などを使用することをおすすめします。

保険の更新をお忘れではありませんか?

コラム

突然ですが皆さん現在のお住まいで生活を始めてからどれくらい経ったか分かりますでしょうか?意外と正確には覚えてないかもしれません。

そんなある日郵便受けを見てみると一枚の封筒が。送り先は保険会社からです。その郵便の中身をぜひとも確認してみて下さい。

それは火災保険の更新の通知かもしれません。

賃貸住宅に入居の際に、火災保険への加入が必須になっている場合があります。多くの場合、不動産会社が推薦する火災保険へ加入する方が多いと思われます。初回の保険料に関しては入居時のタイミングであるためほかの初期費用などとともにしっかりと納める方がほとんどかもしれません。しかし、入居してから2年経つと保険に加入したということをうっかりと忘れているなんて場合も考えられます。

保険会社にもよりますが、賃貸住宅の火災保険は契約期間が2年であるケースが多いです。そして一部のケースを除けば更新の手続きを取らなければ保険の更新が完了しません。そのことに気づかず火災保険の更新をしないまま住み続けて事故を起こしてしまい多額の賠償金を支払うことになるという事例も残念ではありますが起こっているのが現実です。そのようなことを防ぐためにも、火災保険には継続的に加入しておきましょう。

弊社では、ご契約者様に対して「火災保険の更新忘れ」を防ぐために様々な取り組みを行っております。

ここでは、2つの取組みをご紹介します。

(1)ショートメールの送信

当社からお客様に対してご契約時にお届けいただいた携帯電話番号にショートメールで満期のご案内をしております。そちらが届いた場合は保険の満期が近くなっているということですので是非ご確認ください。

(2) 弊社からのお電話

満期日の前後に弊社からお客様に対してご連絡を差し上げております。

発信番号は
0120-538-085、0120-538-086
のいずれかになります。

これらの番号から電話があった場合はいま一度保険の更新忘れ等が無いかどうかをご確認ください。

最後になりますが、当社では、ご契約の際に電子保険証券をお選びいただけます。
この電子保険証券はいつでもスマートフォンで内容を確認していただけるため便利です。
弊社へのご連絡もスマートフォンからワンタッチで実行でします。

リチウムイオン電池による火災/爆発にご注意を

コラム

携帯電話のみならず現在、様々な電気製品に使われているリチウムイオン電池ですが
それを原因とする火災や爆発事故が増えています。

事故事例

① コードレスクリーナーを充電中、バッテリー部分から出火
② ノートパソコンを充電していたところ発熱、発火
③ 釣り用電動リールを充電中に発火
④ スマホ充電中に充電器を飼い犬が噛んだため発火
⑤ 電子タバコ充電器が爆発し大火傷
等があげられます。

リチウムイオン電池が使用されている主な電気機器

・スマホ
・モバイルバッテリー
・ノートパソコン
・電動アシスト自転車
・掃除機
・タブレット端末
・タブレット端末
・電動工具
・電気自動車
・デジタルカメラ
・ドローン
・電子タバコ
などがあげられます。

小型で大容量のリチウムイオン電池はこういった高機能、高性能の電子機器の発展に大いに貢献するものですが、反面下記のような危険性をはらんでいます

高性能に潜む危険性

 

小型で大容量のリチウムイオン電池はこういった高機能、高性能の電子機器の発展に大いに貢献するものですが、反面下記のような危険性をはらんでいます

・電解液に可燃性の有機溶媒を含んでいるため高温で発火危険がある。
・一般的に危険領域といわれている4.3ボルト以上近くまで充電が可能なため過充電等で発火危険がある。

リチウムイオン電池による火災/爆発を防ぐために

・火災/爆発は多く充電中に起きています。充電中に異様に熱い、膨らんでいるといった症状が現れた場合はすぐに充電を中止してください。
・一定の時間、充電しても充電中のランプが消えない場合は充電器や電子機器のどちらから故障している場合が多いです。無理に充電することは絶対に避けてください。
・ペットが原因(機器を噛む、放尿する等)の場合もあります。電子機器や充電器は必ずペットから遠ざけてご利用ください。
・落下による衝撃や変形の圧力を加えない。(万が一、変形等がある場合、使用を中止する。)
・高温の状況下(暖房器具の近くや車の中)で使用しない、放置しない。
・電気用品安全法の技術基準に適合した(PSEマークの付いた)製品を購入する。

ステイホームを有効に過ごしましょう。

コラム

ステイホーム推奨の昨今、TVゲームや読書や映画鑑賞など、
じっとしていることにはもう飽きた!という方も多いと思います。
そこで、家の中ではありますが、徹底的に身体を動かす、例えば
徹底的に掃除してみる、というのはいかがでしょうか?

 

気分も晴れて、家もきれいになる。一石二鳥かと思います。

今回は、この暑い時期にどうしても嫌な臭いが発生しがちな
水廻り周辺の掃除に関して手順を追ってご紹介させていただきます。

1. 洗濯機排水口
① 漏水防止のため蛇口を閉めます。
② 感電防止のためコンセントを抜きます。
③ 排水ホースを外します。
④ ③の際、ホースに残っていた水が流れ出ることがありますので
バケツなどで抑えながら外しましょう。
⑤ 排水口は3つのパーツでできていることがほとんどです。
⑥ 順番に外していきましょう。(使い捨て手袋をつけた方が良いです。)
⑦ 所定のパイプ洗浄剤を入れましょう。(ホームセンターなどで数百円で売っています。)
⑧ 30分経過後、排水口に水をコップなどで何回かに分けて流しましょう。
⑨ ⑤の3つのパーツを洗剤と歯ブラシなどで汚れを落としましょう。
⑩ 3つのパーツとホースを丁寧に戻して完了です。

2. 台所シンク
① 生ゴミ受けを外しましょう。
② 生ゴミ受け自体を歯ブラシと洗剤で汚れをきれいに落としましょう。
③ 排水トラップ*を外しましょう。
④ 排水トラップも歯ブラシと洗剤で汚れをきれいに落としましょう。
⑤ 排水口に所定のパイプ洗浄剤を入れましょう。(ホームセンターなどで数百円で売っています。)
⑥ 30分経過後、排水口に水をコップなどで何回かに分けて流しましょう。
⑦ 排水トラップ、生ゴミ受けを丁寧に戻して完了です。

*排水トラップ・・・プラスティック製のマグカップのような形状のものと
その受口の部品2つを総称して排水トラップといいます。トラップの部分に水をためることにより、
下水道からの悪臭やガス、さらには害虫などの侵入を防ぐ機能を有しています。
そういった有効な機能を持つ排水トラップですが時折、掃除しませんと
トラップの底に細かなゴミが貯まってパイプを詰まらせたり、ヌメリなどから
排水トラップ自体が悪臭の原因になることがあります。

3. 浴室、洗面台の排水口

台所シンクと手順は同じですが、浴室には排水口に大きなカバーがあること。
長い髪の毛は絡まりやすく除去に手間取ることなどが注意点です。
また、狭いスペースで洗剤を使いますので、窓を開けたり、換気扇を回したりして
喚起をよくして行ってください。

*最後に水廻り掃除の頻度ですが、すぐに汚れはたまり、嫌な臭いは発生しますので月1回はした方がよいでしょう。
(台所シンクは油の汚れも付着していますのでもう少し頻度をあげて掃除した方がいいかもしれません。)

いかがでしたでしょうか。在宅を推奨される、といった誰も経験したことがない鬱屈とした時間
が続いていますが、それであれば発想を変えて、身体を動かして、家中をきれいにして、
すっきりとした気分で過ごしてみるのが精神的にはいいかもしれません。

ご参考なれば幸いです。

外出時の注意

コラム

これからお盆や夏休みなどで家を不在にすることが多くなってきます。
そうした中で、気を付けたい4つのことを紹介いたします。

1.戸締り

最も気を付けなければならないのは戸締りです。玄関ドアの施錠自体は忘れることはないと思いますが、その他の窓がしっかりと戸締りされているか確認しましょう。我が家は2階以上だから大丈夫だろうと思うかもしれません。しかし、2階以上の部屋に住んでいる場合でもベランダがある場合は、ベランダを伝って無施錠の窓から侵入し空き巣を行う場合があるので注意が必要です。

2.コンセントやブレーカー

コンセントやブレーカーのチェックについてです。長期間家を空けていたとしてもチリやホコリは溜まります。それらがコンセント付近に溜まることによって発火してしまうという恐れがあります。そうしたことを防ぐためにも通電の必要のない電化製品に関してはコンセントを抜いておくようにしましょう。また、必要箇所以外のブレーカーを落としておくことも効果的です。また、コンセントやブレーカー同様に気を付けなければならないのがガスの栓です。長期間不在にする場合においては元栓を締めるということも考えましょう。

3.洗濯機

意外と忘れがちなのが、洗濯機です。洗濯機と蛇口を繋いでいるホースが何らかの要因で外れることによって水漏れを引き起こしてしまうことがあります。在宅していればすぐに蛇口を締めれば被害を最小限に抑えることができるかもしれませんが、数日間不在のままですと下の階に被害が出るまで気づかないまま放置されることとなり、大きな損害を引き起こすことになってしまうため注意が必要です。下の階への水漏れ損害は数百万円単位の賠償になることも多くあります。したがってこのようなことを防ぐためにも、長期間家を不在にする際には蛇口をしっかりと締められているかどうかを確認する必要があるでしょう。

4.換気

最後に気を付けなければならないのが湿気への対策です。数日間家を締め切った状態にすることになるので、帰省先などから帰ったら家がカビだらけ…ということも起こりえます。
しかし、窓を少し開けておくことは防犯面からはNGです。せめて、浴室の扉を開けて湿気対策としましょう。
また、換気扇も有効ですが、タイマーなどを利用したほうが安心と言えます。
工夫をして部屋の中の湿気対策を行い、カビの発生を少しでも抑制したいです。

これらのことに気を付けながら帰省や旅行を楽しみましょう。